SEOとは何か?

サイトへのアクセスを増やす方法

ブログやサイトを運営している人であれば、何とかしてアクセスを増やす方法はないだろうかと考えたことがあるかもしれません。アクセスがなければ反応も得られず、いくら好きな趣味のブログでも長続きしませんよね。通販サイトのようにビジネスとして運営しているのであれば、アクセスが少ないと売り上げにも直結するだけに何とかしたいと思うのは当然です。

そこでおすすめしたいのが、SEOと呼ばれる手法を実践することです。SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、日本語に訳すと検索エンジン最適化、といった意味になります。なぜSEOがアクセスアップにつながるのかというと、ネットを利用する人の大半が検索サイトを使って目的のウェブサイトを探しているからです。

検索サイトを使ったことがある人ならわかるように、通常はキーワードを入力して表示される検索結果一覧を上からチェックしていくはずです。もし一覧の上の方で目的のサイトを見つけたら、それをクリックして一連の流れが終わります。ここで重要なのは、一覧の上位に表示されるサイトほどアクセスが多くなる一方、下位に行くほどアクセスは期待できない点です。これだけ見ても、いかにSEOがアクセスアップに欠かせないかがわかるはずです。

SEOは具体的に何をするの

SEOとはアクセスを増やすために重要な施策であることがわかったところで、次にSEOでは具体的にどういったことをするのか解説します。

まず真っ先に行うべきことが、サイトのコンテンツを充実させることです。検索エンジンのアルゴリズムでは、検索する人に役立つ情報を提供できるサイトを価値があるサイトとして高く評価します。検索エンジンに高く評価されるとアクセスが増えるのは上述の通りなので、サイト運営を始めたならとにかく中身を充実させることに集中しましょう。

ブログであれば毎日記事を投稿し続けることで、コンテンツにボリュームを持たせることができます。何を書けばいいかわからない時は、日々のことやニュースを見て感じたことなどを書き続けると、自分は何に興味があるのか見えてくるはずです。

ネットショップなどにはブログのような機能がないため、商品に関する情報を充実させるのが近道です。商品のスペックを書き連ねるだけでなく、具体的な使い方や特徴なども自分なりに解説するようにすると自然とボリュームを増やすことができます。扱っている商品のジャンルに関する豆知識のようなページを増やすのもSEOには有効です。

SEOには他にも、外部サイトからのリンクを増やしたり、HTMLソースを最適化するなどの施策があります。

人が集まるウェブサイトへ

以前はとにかく外部からの被リンクを増やすことがSEOに効果的と言われてきました。しかし最近はコンテンツの量と質が重視されているため、それに合わせたコンテンツSEOを実施するのが有効と言われています。検索エンジンのアルゴリズムは定期的に見直されているため、どの施策がいつまでも効果的かは不明です。それでもコンテンツを増やせば検索エンジンに記録させるページも増えるだけに、アクセスを増やす効果は大きいと言えるでしょう。

これらのSEOは自身で行うことも可能です。コツさえわかれば簡単に実現できることも多く、取り組みやすいのではないでしょうか。とは言えパソコンやネットといったものを初めたばかりの人には、勝手がわからず難しいと感じるかもしれません。

そうした方には、SEO業者を利用することも一つの方法です。SEO業者とは、ウェブサイトが検索結果の上位に表示されるよう、様々な施策を行ってくれる企業のことです。多くのサイトを手がけ豊富な実績を持っているため、サイトが置かれている状況を分析し、効果的な改善を施してくれます。サイト運営に関するアドバイスも受けることができるので、頼れるサポーターとなってくれることでしょう。SEOに関するご相談は弊社でも承っております。