アクセス解析とは

そもそもアクセス解析とは

アクセス解析とはウェブサイトの運営者が閲覧者の環境や特性などを調査することを表す言葉であり、その機能自体のことを表すこともあります。アクセス解析では訪問者がどのサイトから訪ねてきたのかを知ることができます。特定のサイトのリンクからのアクセス数が多ければ、そのサイトに関心を持っている方が多く訪れていると考えられるので、そのニーズに合わせたコンテンツを用意するなど、ウェブサイトの戦略において参考になります。また、OS、ブラウザ、画面解像度、色深度、解像度などを解析することも可能です。いかに素晴らしいコンテンツを用意していたとしても、利用者の多くが使用しているOSが対応していなければ、その効果が発揮されることはありません。利用者の使用している端末やPCなどに合わせたコンテンツを用意することが重要となります。アクセス解析においてはウェブサイトの利用者の年齢層までは解析することができません。しかし、アクセスした時間帯や詳細な内容を解析する ことで推測をすることは可能です。ショッピングサイトなどではこのアクセス解析をどう生かすかが特に重要となります。各社が作成しているツールごとに解析できるデータが異なることもあります。

googleアナリティクス

googleアナリティクスとはGoogleが提供しているアクセス解析のツールです、基本無料でありながら非常に利便性が高いという特徴を持っています。有料版も用意されています。googleアナリティクスでは訪問数、リンク元のサイト、使用しているデバイスがスマートフォンかPCかといったことが分かります。例えばFacebookをスタートし、ホームページとのリンクを貼った場合にFacebookからのアクセス数はいくらくらいかが分かります。Facebookからのアクセス数が多ければその効果が高まっていると判断でき、少なければFacebookの内容を充実させて効果をよりアップさせようという戦略もあります。スマートフォンでのアクセスが多ければ、スマートフォン専用のウェブサイトを作ることも考えられます。googleアナリティクスの重要な項目に「ユーザー」というメニューがあります。このメニューではサイトの訪問数やページビュー数、使用しているデバイスなどのデータを閲覧できます。「集客」というメニューではユーザーがどのサイトから訪れたかが分かります。google検索で訪れたかどうかもここから分かる仕組みです。

どこ重視するかをはっきりさせる

アクセス解析ではユーザーがどこから訪れたかだけでなく、ホームページ内でどのページに移動したかなどを把握することができます。これはgoogleアナリティクスでは「行動」メニューで確認できます。このデータを確認するとアクセスの多いページと少ないページがはっきりと見えてきます。ホームページとしては全てのページにたくさんアクセスしてほしいと考えがちですが、アクセス数に偏りがあるということはそれほど人気のページがあるということです。その中で人気ページをさらにパワーアップさせるのか、アクセス数の少ないページを充実させるのかは重要な選択になります。

googleアナリティクスには「コンバージョン」メニューも用意されています。ホームページごとにある会員登録や商品購入などの目標を表す言葉がコンバージョンです。アクセス解析を行う目的の1つはコンバージョンを行うことです。特にショッピングサイトではコンバージョンを達成できるということが非常に重要となります。アクセス数は多くてコンバージョンを達成していない、アクセス数は少ないけどコンバージョンを達成しているということもあります。アクセス解析ではデータを組み合わせて分析することで新たな展開のヒントを得ることができます。