「ページビュー(PV)数」「セッション数」「ユーザー数」とは

「アクセス解析」と「ページビュー」

ブログ運営者やWeb担当者であれば一度は耳にしたことがあるであろう「アクセス解析」という言葉。アクセス解析とは、ブログやウェブサイトのアクセス状況を集計し、訪問者の利用状況や傾向などを分析することを指し、アクセス解析ツールは、ブログやウェブサイトを運営していく上でぜひマスターしたいツールのひとつです。それでも、ブログやウェブサイトを始めたばかりだと「アクセス解析が重要ということはわかるんだけど、どこから手をつけていいか分からない」、「いろんな指標があるけど、まずどこを見ればいいの?」、「ページビューとかユーザー数ってなにが違うの?」という方も多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜアクセス解析が必要なのでしょうか。例えばブログ運営者であれば「ブログのアクセス数をもっと伸ばしたい」、企業のWeb担当者であれば「自社サイトからの売り上げを増やしたい」「どのページが人気か知りたい」そのように考えることがあると思います。そんな時に、ぜひ活用したいのがアクセス解析ツールです。無料で使えるものとしてGoogleアナリティクスが有名ですが、Googleアナリティクスでは、以下のようなことを調べることができます。
・訪問者の属性(市町村等の地域、ブラウザやOS、デバイスの種類など)
・各ページでの滞在時間
・訪問者がどこから来たのか(検索エンジン、リンク、SNSなど)
・よく見られているページ
・訪問者が初訪問なのか再訪問なのか
・どのページから入ってどのページから出ていくか
このような情報を分析することで、ブログやウェブサイトをどのようにしていったらよいか、具体的な改善策を練ることができます。

アクセス解析の代表的な指標であり、またサイトなどの人気度を測る指標としてもっとも一般的なのがページビューです。ページビューは、ブラウザにウェブサイト内のページが表示された回数を指し、PVとも記載されます。例えば、ある訪問者がサイトを訪れ、そのサイト内で2回移動し、3ページ閲覧したとしたら、3ページビューとなります。「月間○万アクセスありました」など、アクセス数として語られることもありますが、数値が大きい場合はページビュー数であったりすることが多いようです。但し、アクセス数に関しては、ページビューを見るか、後述のユーザー数を見るか、厳密な決まりはないため、運営者によってその判断は分かれるところです。

訪問された回数を見る「セッション数」

ある訪問者がそのサイトを訪れ、回遊し、離脱するまでの一連の行動のことをセッションといいます。例えば、ある客が店舗に入店した場合、その店舗での商品購入の有無や滞在時間、行動内容に関わらず訪問(客)数は1となります。同じように、ブログやウェブサイトでも、ある訪問者がサイトを訪れた場合、その訪問者がサイト内で何ページ閲覧しようと、どのような行動をとろうと、そのサイトを離れるまでは、セッション数は1となります。例えば、Aさんがお昼にあるショッピングサイトを3ページ閲覧して一旦そのサイトを離れたあと、夜にもう一度同じサイトを訪問し5ページ閲覧したとします。その場合、セッション数は2、ページビューは8となります。また、Aさんが次の日に同じサイトを訪問し、いろいろな商品を比較検討しながら同じサイト内で30ページ閲覧したとします。その場合、セッション数は1、ページビューは30となります。ページ閲覧数(ページビュー)や行動内容に関わらず、訪問という点でカウントするのが、このセッション数です。セッション数は、1セッションあたりどの程度ページが閲覧されているのか、ページビューとセットで「ページ/セッション」として見られることも多い指標です。

セッションの数え方について、単純に訪問者がサイトを離れればセッション終了となりますが、Googleアナリティクスでは、以下のような場合もセッション終了とみなされます。

・サイト内で30分以上行動(移動)がないとき
・日付が変わったとき
・参照元(検索エンジンやリンク元など)が変わったとき
例えば、AというサイトのリンクからBというサイトを訪れ、10分ほどサイト内を回遊した後、別の検索エンジンから検索でBを訪れたとします。その場合、参照元がAから検索エンジンへと変更したことで最初のセッションは終了、セッション数は2ということになります。

ただし、30分という時間に関しては設定を変更することも可能です。例えば動画サイトや長文の論文を掲載しているサイトなど、30分以上操作しないことが予想されるサイトをお持ちの方もいると思います。そうしたサイトをお持ちの方は、「セッションのタイムアウト」を変更することをおすすめします。Googleアナリティクスで変更する場合、以下の手順で時間設定を変更することができます。
ページ左下に表示されている歯車(管理)→プロパティ→トラッキング情報→セッション設定→セッションのタイムアウト(1分~4時間の間で設定可能)

サイトを訪れた人数を見る「ユーザー数」

ユーザー数は、ある特定の期間内に1度以上サイトへ訪問したユーザー(人)数を指し、その期間内であれば、同じユーザーが何度サイトを訪れても、ユーザー数は1とカウントされます。また、アクセス解析ツールによっては、重複を除くといった意味で「ユニーク」をつけて「ユニークユーザー数」と呼ばれることもあります。前述のセッション数がユーザーの1回の訪問を計測するのに対して、このユーザー数は、1ユーザー(人)の行動を追うことになります。例えば、月曜日にAさんが3回、9時、11時、15時と3回訪れた場合、その日はユーザー数1、セッション数3となります。そして火曜日に同じくAさんが10時と16時に2回、Bさんが11時と15時に2回訪れた場合、この2日間のユーザー数は2、セッション数は7となります。但し、ユーザー数はブラウザのCookieをもとに算出しているため、同じ人物であった場合でも異なるブラウザ、異なる端末からアクセスした場合は、それぞれ別のユーザーとしてカウントされることになります。ページビュー数の説明で述べたとおり、一般的にアクセス数という時はページビュー数を指していることが多いように思われますが、純粋に何人訪れているか知りたいというときは、このユーザー数を見るといいでしょう。

最後におさらいです。あるサイトへの3日間のページビュー数、セッション数、ユーザー数を数えてみましょう。月曜日、Aさんが朝と夜に2回訪問し、最初に2ページ、次に5ページ閲覧しました。火曜日、Aさんが夜に1回訪問し3ページ閲覧、Bさんが昼に1回訪問し2ページ閲覧しました。水曜日、Cさんが朝に1回訪問し1ページ閲覧しました。この場合、3日間のページビュー数は13、セッション数は5、ユーザー数は3となります。

アクセス解析と聞き「難しそう」と躊躇してしまっていた方、自分のブログやウェブサイトについてもう少し詳しく知りたいと思っている方は、ぜひここでご紹介した3つの指標、ページビュー数、セッション数、ユーザー数を調べることからはじめてみましょう。自分のブログやサイトに、いつ、どのくらいの人数が、何ページ閲覧して、どのくらいの回数訪れているのか(Googleアナリティクスでは1日単位で期間を指定して集計することができます)、そのようなことを調べ続けていくだけで、次につながるヒントがきっとみつかると思います。

サイトへの訪問者を増やすSEM

WEB上で販売業をしている方で、なかなか自サイトへのクリック数が伸びないんだよなあ、とお悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか。知り合いのところへリンクをはってもらう、SNSやblogでマメに宣伝をする、などの対策を取られている方も多いでしょう。その場合、固定客が定着してくれたり口コミで伝わったり、ということはあるかもしれません。しかし、もっと潜在的な新規顧客を大幅に増やすにはどうしたら良いか、ここで悩んでしまわれる方は多いようです。

例えばネット上の店舗でビンテージの古着を売っていたとします。Googleなどで「ビンテージ 古着」と検索しても、自分のサイトはなかなか上位に上がってこず、競合他店のサイトばかり上位に表示されてしまい、もどかしい思いをしたことはありませんか。これは例えサイトやblogの更新頻度を上げても、検索結果の順位にはあまり影響しないのです。

なぜなら上位に表示されるサイトは、専門的な対策を取っているからです。なぜ専門的な対策が必要かというと、検索結果の上位に表示されるサイトの方が、断然クリックされる回数が多くなるからです。その対策を、総称してSEMといいます。これから詳細を説明していきます。

SEMとは何か

先ほど挙げた、検索サイトから自サイトへの訪問者を増やし、結果的に収益に結び付ける戦略のことをSEM(Search Engine Marketing)と言います。これには大きく二つのやり方があります。

1つはSEOといいます。これは、検索結果の上位に表示されるような技術やサービスのことを指します。Googleのシステムは、あらかじめ世界中のサイトを自動的に巡回し、サイトの中身を解析してデータベースサーバに登録します。そして検索ワードと関連のあるサイトの順位付けを行います。つまり、Googleのシステムにとって解析されやすく、順位付けで有利になるようなサイトを作成するのです。

もう一つは検索連動型広告(リスティング広告)といいます。よく、一般の検索結果よりも上にあり、リンクの横に「広告」「PR」と書いてある枠に表示される広告のことです。検索してきた人を引き付けるようなタイトルと、内容の重点をかいつまんだ説明が表示されていることがほとんどです。検索連動型広告は、ユーザがリンクをクリックするたびに、広告主への課金が発生するシステムです。それに対してSEOではクリックに対して課金されることはありません。

SEMの対策についてのまとめ

SEM対策として、SEOにしても検索連動型広告にしても、どちらとも費用が発生します。ですから費用対効果で検討をした方が良いでしょう。

SEOは専門業者に作業をしてもらうか、自分で作業を行ないます。しかし、検索結果が常に上位に表示されるとは限りません。また、タイトルや自動的に表示されるコンテンツの一部にユーザが興味を示さなければ、せっかく上位に表示されてもクリックされないこともあります。あからさまな広告表示ではないことから、一般の検索結果の方を好むユーザもいます。

それに対して検索連動型広告は、常に一般の検索結果よりも上に表示されます。タイトルや表示される宣伝内容も、あらかじめ決めることができます。また、クリックするユーザはとにかく情報を急ぎで必要としていることが多く、比較的潜在的な顧客である傾向が高いのです。ですからクリック数に応じた課金にも納得ができるという見方もあります。

これらのことを自分ですべて行う必要はなく、SEO対策、検索連動型広告作成、合わせてSEMのコンサルティングを請け負っている業者もあります。自サイトへのアクセスを伸ばして売上につなげたい、とお考えの方は、一度検討してみる価値があるかもしれません。

サイトへのアクセスを増やす方法

ブログやサイトを運営している人であれば、何とかしてアクセスを増やす方法はないだろうかと考えたことがあるかもしれません。アクセスがなければ反応も得られず、いくら好きな趣味のブログでも長続きしませんよね。通販サイトのようにビジネスとして運営しているのであれば、アクセスが少ないと売り上げにも直結するだけに何とかしたいと思うのは当然です。

そこでおすすめしたいのが、SEOと呼ばれる手法を実践することです。SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、日本語に訳すと検索エンジン最適化、といった意味になります。なぜSEOがアクセスアップにつながるのかというと、ネットを利用する人の大半が検索サイトを使って目的のウェブサイトを探しているからです。

検索サイトを使ったことがある人ならわかるように、通常はキーワードを入力して表示される検索結果一覧を上からチェックしていくはずです。もし一覧の上の方で目的のサイトを見つけたら、それをクリックして一連の流れが終わります。ここで重要なのは、一覧の上位に表示されるサイトほどアクセスが多くなる一方、下位に行くほどアクセスは期待できない点です。これだけ見ても、いかにSEOがアクセスアップに欠かせないかがわかるはずです。

SEOは具体的に何をするの

SEOとはアクセスを増やすために重要な施策であることがわかったところで、次にSEOでは具体的にどういったことをするのか解説します。

まず真っ先に行うべきことが、サイトのコンテンツを充実させることです。検索エンジンのアルゴリズムでは、検索する人に役立つ情報を提供できるサイトを価値があるサイトとして高く評価します。検索エンジンに高く評価されるとアクセスが増えるのは上述の通りなので、サイト運営を始めたならとにかく中身を充実させることに集中しましょう。

ブログであれば毎日記事を投稿し続けることで、コンテンツにボリュームを持たせることができます。何を書けばいいかわからない時は、日々のことやニュースを見て感じたことなどを書き続けると、自分は何に興味があるのか見えてくるはずです。

ネットショップなどにはブログのような機能がないため、商品に関する情報を充実させるのが近道です。商品のスペックを書き連ねるだけでなく、具体的な使い方や特徴なども自分なりに解説するようにすると自然とボリュームを増やすことができます。扱っている商品のジャンルに関する豆知識のようなページを増やすのもSEOには有効です。

SEOには他にも、外部サイトからのリンクを増やしたり、HTMLソースを最適化するなどの施策があります。

人が集まるウェブサイトへ

以前はとにかく外部からの被リンクを増やすことがSEOに効果的と言われてきました。しかし最近はコンテンツの量と質が重視されているため、それに合わせたコンテンツSEOを実施するのが有効と言われています。検索エンジンのアルゴリズムは定期的に見直されているため、どの施策がいつまでも効果的かは不明です。それでもコンテンツを増やせば検索エンジンに記録させるページも増えるだけに、アクセスを増やす効果は大きいと言えるでしょう。

これらのSEOは自身で行うことも可能です。コツさえわかれば簡単に実現できることも多く、取り組みやすいのではないでしょうか。とは言えパソコンやネットといったものを初めたばかりの人には、勝手がわからず難しいと感じるかもしれません。

そうした方には、SEO業者を利用することも一つの方法です。SEO業者とは、ウェブサイトが検索結果の上位に表示されるよう、様々な施策を行ってくれる企業のことです。多くのサイトを手がけ豊富な実績を持っているため、サイトが置かれている状況を分析し、効果的な改善を施してくれます。サイト運営に関するアドバイスも受けることができるので、頼れるサポーターとなってくれることでしょう。SEOに関するご相談は弊社でも承っております。

1 2